相手のエースに得点させない方法

相手のエースに得点させない方法

相手の得点源であるエースに自由にプレーされては勝ち目はありません。
いくつかの作戦を駆使して、動きを封じる方法を覚えておきましょう。

相手のエースに得点を取られないためには、そのプレーヤーにボールを持たせないようにするのが手っ取り早い方法です。

相手のお腹に前腕を押し当て、上半身を密着させて、離れないようにして相手の自由な動きを抑制し、ボールを持たせないようにします。
これを「シールド」と呼びます。
もっと厳しく守る場合は「フェイスガード」という方法があります。
これはボールの位置に関係なく相手と向き合い、ピッタリくっついて動き回ります。

しかし、得点能力に優れたエースは、ボールのもらい方も優れている場合が多く、いずれにしてもボールは持たれてしまいます。
その場合にはトラップが有効です。2人でダブルチームを仕掛けて、ボールを離させるようにします。

よりシュート確率の低いプレーヤーにシュートさせるほうが良いと考えるわけです。
また、変則ゾーンディフェンスを採用しても良いでしょう。

「ボックス&ワン」または「ダイヤモンド&ワン」が良く使われます。

一方、自分たちが攻撃の時には、エースが守っている味方に積極的に攻撃させ、ファウルを誘うなどオフェンスの標的にします。
積極的にオフェンスリバウンドにも飛び込み、とにかくディフェンスで手を抜けないようにして、精神的、体力的にも疲弊させることを考えます。

・シールドで簡単にボールを持たせない。ミートをさせない
・さらに厳しくフェイスガードで動きを封じる
・ボックス&ワンやダイヤモンド&ワンを使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。