パス&ランを使ってシュートチャンスを作る

パス&ランを使ってシュートチャンスを作る

チームメイトと良い連携で得点した時の喜びは計り知れません。
ここでは基本のコンビネーションプレイを紹介します。

チームメイトと連携で得点するパターンはいくつかありますが、最も基本的なものがパス&ランです。
パッサーはパスを出した後、油断したディフェンダーが適切なポジションを取らなかった場合は、ディフェンダーの前を走り抜け(フロントカット)、リターンパスを受けてシュートに持ち込みます。
もちろん、状況によってはディフェンスの背後に走りこむ(バックカット)も必要です。
つまり、ディフェンダーのポジショニングによって、走りこむコースを変えるわけです。

トップからウィングにパスされた時の「パス&ラン」を例にすると、ボールを受けたプレーヤーがパスを通せるコースは3つあります。
自分をマークするディフェンダーの両サイドと頭越しです。

この3つのパスコースをうまく使い分けることができれば、ディフェンスを崩しやすくなります。
また、「パス&ラン」はシュートに持ち込むことだけが目的ではありません。
走りこんだ後に生まれるスペースが味方のチャンスに繋がります。
ドライブを仕掛けることも、別のプレーヤーがそのスペースに走り込んでボールを受けることも出来ます。
「パス&ラン」を使うとチームオフェンスに良い流れが生じることを覚えておきましょう。

 

ウィングにパスした時のパス&ラン

ウィングへのパスコース

トップからウィングにパスをしたときに、目の前のディフェンダーがウィング側に寄らなかったら、ディフェンダーの前を通ってゴールに向かいます。(①フロントカット)
ウィング側に寄ったら、ディフェンダーの背後を抜けてゴールに向かいます。(②バックカット)

 

パスを出すコースを使い分ける

ウィングへのパスコース

リターンパスを出すコースは3つあります。
1つ目はディフェンダーのセンターライン側を通すコース①、2つ目はバックカットしたプレイヤーに向けてディフェンダーの頭上を通すコース②、3つ目はしっかりとピボットを踏んで、ディフェンダーのエンドライン側を通すコース③です。

インサイドプレーヤーのポイント

飛び込めるスペースを空ける
アウトサイドプレーヤーのカットコースに立つインサイドプレーヤーは、速やかにコースを空けましょう。
移動することで、スペースが広がってパスコースができるので、アウトサイドプレーヤーは楽にボールを受けることが出来るようになります。
また、ボールを受けた時にスペースがあればシュートチャンスが生まれます。

アウトサイドプレーヤーのポイント

3つのコース別のアタック方法
パスをした後、ディフェンダーが「パス&ラン」を警戒して後ろに下がったら、ゆっくりとした動きで間合いを縮めた後、急激にスピードを上げる動きでディフェンダーを振り切ります。
1つ目のコースでパスを受けた時はレイアップシュート、2つ目ではゴール下のシュート、3つ目ではローポストからの1on1アタックを狙いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。