ローポストプレーを生かすウイングの動き

ローポストにボールが入ったら、得点のチャンス

ローポストプレーを生かすためにはウィングの協力が必要です。適切な動き方を身につけましょう。

ローポストにボールを入れた時、ボールマンの1対1で得点できる可能性が高い場合は、ウィングのプレーヤーはゴール方向に直線的にカットし、ウィングにディフェンダーがいない状況を作ります。(レーカームーブと言います)

こうすることで、ローポストの周りに広いスペースができ、ボールマンは周りを気にすることなく1対1ができます。

ただし、この動きでは、一瞬ボールマンに対するディフェンスがダブルチームの状態になることがあるので、ボールマンはボールをしっかりと守ります。

もし、ダブルチームを仕掛けられたら、ウィングからゴール下にカットしたプレーヤーにパスを狙いましょう。

また、ウィングがトップのプレーヤーにスクリーンをかけにいく動きでも、ボールマンの1対1を作れます。

ローポストにボールを入れた後、最も一般的なウィングの動きは、安全にリターンパスを受けられる場所への移動です。

これならボールマンは、1対1を仕掛けることも、アウトサイドにパスを返すこともできます。

アウトサイドでリターンパスを受けたプレーヤーは、もちろんシュートを狙いますが、もしディフェンスが対応してきたら、再度ポストを狙います。(リポスト)

 

スペースを開けさせて1対1をさせる

ローポストで1対1をさせたいときには、ウィングはローポストにパスを入れたら、ゴール方向に直線的に走りこみます。

このとき、ウィングのディフェンダーがボールマンのボールをスナップしたり、ダブルチームを仕掛けたりしてくるので、ボールマンはそれに備える必要があります。

ウィングが移動してスペースが空いたら、1対1を始めます。

spa2

 

エルボースクリーンを使う

ウィングは、フリースローラインの端(エルボー)に向かい、トップのプレーヤーにスクリーンをかけます。

この動きをすると、ウィングのディフェンダーはローポストにヘルプに行けないので、ボールマンの1対1が楽になります。

もちろん、ヘルプが来た場合はスクリーンプレーをしている味方のどちらかがノーマークになります。

eru

 

リターンパス&リポストで優位に攻める

ローポストとウィングの間でインサイド・アウトのパスを行います。

ウィングのディフェンダーがローポストにフリースロー側からヘルプに行った場合(カバーダウンと言います)、ウィングのプレーヤーは45度からショートコーナーに下ります。

そしてローポストからパスを受けてシュートを狙います。その動きにディフェンスが対応してきた場合は、再びローポストにボールを入れて(リポスト)、1対1を狙います。

 

court_r1_c1 court_r1_c2

  • ①インサイドへパス
  • ②ウィングのディフェンダーがヘルプによる
  • ③ウィングはコーナーに移動
  • ④インサイド・アウトのパス
  • ⑤ウィングのディフェンダーが対応してくる
  • ⑥リポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。