インサイドにボールを入れることの効果

インサイドにボールを入れることの効果

なぜ、インサイドにボールを入れる必要があるのか。

チャンスが広がるメカニズムを理解しま しょう。

インサイドにボールが入ると、攻撃パターンが広がります。
ローポストはゴールに近く、しかもベースライン側にもフリースローライン側にもスペースが ある攻撃しやすいポジションです。
また、ここにボールが入るとディフェンスが収縮します。
ローポストからの攻撃を1人のディフェンダーが守り抜くのは難しいため、アウトサイドにいるディフェンダーがポストプレーヤーの方に寄って、ヘルプしようとするためです。

それによってアウトサイドのオフェンスプレーヤーに対するマークが甘くなり、そこへローポストからパスが出されるとシュートチャンスが生まれます。
ヘルプに寄ったディフェンダーはローポストのボールとアウトサイドのマークマンを同時に視野に入れることが難しく、またローポストから出されるパスは、アウトサイドプレーヤーにとっては体の正面をゴールに向けた状態で受けられるので、シュートが打ちやすく、得点の確率も高くなります。
そしてそこから再びインサイドにパスを入れると(リポスト)、ローポストからの攻撃がさらに楽になります。
ハイポストはボールを展開するポジションとして最適です。
攻撃の糸口が見つからないときは、ハイポストにボールを入れるようにしましょう。

インサイドへボールを入れてディフェンスを収縮させる

ディフェンスを収縮させる

インサイド、特にローポストにボールを入れると、得点を奪われやすいこともあって、アウト
サイドにいるディフェンダーがヘルプによります。
それによって、ディフェンダーに動きを封じられていたアウトサイドのオフェンスプレーヤー
が、動きやすくなります。

効果的なインサイド・アウトのパス

インサイドアウトのパス

インサイドにボールを入れ、ディフェンスが収縮すると、インサイドプレーヤーがアウトサイ
ドプレーヤーにシュートに繋がるパスを出しやすくなります。
このようなパス交換を「インサイド・アウト」と呼ばれます。
アウトサイドプレーヤーはゴールに正対した良い体制でパスを受けられるので、シュートが打
ちやすい・1on1に行きやすいというメリットがあります。

インサイドプレーヤーのポイント

ポストプレーヤーは自分のディフェンダーにしっかりと身体を寄せて、どこにパスが欲しいの
かを手で示す必要があります。
つまりアウトサイドプレーヤーがパスをしやすいようにパスコースを作ります。
アウトサイドにパスを出すときは、パスフェイクやボディフェイクを使って、攻めるふりをみ
せるとディフェンスはさらに守りづらくなります。

アウトサイドプレーヤーのポイント

ローポストにボールを入れるときは、「ディフェンダーから遠いところにパスを出す」という
パスの原則を忘れないようにしましょう。

そしてローポストからのパスを受けるときは、自分をマークしているディフェンダーにインタ
ーセプトされない位置に動いて、パスコースを作ることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。