攻撃の成否の鍵を握るワンパスアウェーの動き

攻撃の成否の鍵を握るワンパスアウェーの動き

ボールマンがボールを展開させて得点を狙う場合、ワンパスアウェーにいるオフボールマンの動きが重要となります。

バスケットボールのオフェンスの目的は得点です。良いシュートチャンスが生まれるまでミスなくボールを動かす必要があります。

シュートはボールマンしか打てません。
オフボールマンは、ボールマンとのスペースを取り、ボールマンがシュートに持ち込むためのプレーを邪魔しないようにします。
意味なくボールマンに近づくプレーは禁物です。

しかし、ボールマンがパスを選択しようとしている時には、ボールマンの隣に位置するプレーヤー(ワンパスアウェー)が最初にボールを受ける役割を担うことになります。

確実に得点につなげる攻撃を展開するために、安全かつ正確にボールを受ける技術を身につけましょう。

プレーを裏付けるチームコンセンサス
ボールを全員でシェアする

ボールを1人のプレーヤーが長く保持せず、全員がボールを手にするようにプレーすることが大切です。そのためには、2秒以上ボールを保持しないというルールを設けると良いでしょう。
プレーの優先権はボールマンにあり、シュート、ドリブル、パスを選択することができます。
そのとき、オフボールマンは常にパスに備え、いつでもボールを受けられる準備を整えておくことを習慣づけましょう。

個人の判断とプレーの選択
選択肢を増やすためのポジショニング

ボールマンの隣に位置するオフボールマンは、ボールマンに十分なスペースを与え、得点に持ち込むプレーを側面から支えます。
自分をマークしているディフェンスの視野の中に意図的に立ち、いつでもボールを受けられる体制にあることを見せ、ボールマンディフェンダーのヘルプを躊躇させるように牽制しましょう。
もし、自分をマークしているディフェンダーがボールマンに視線を向け、自分への注意が疎かになったときは、そこから遠ざかる動きか、ゴール方向に向かってバックカットを行い、ボールを受けてシュートに持ち込みましょう。

動きを生かすために必要な技術
基本のVカットを徹底する

オフボールマンは、安全にパスを受ける技術を身につけておく必要があります。
Vカットの技術は必須です。一度、ボールを受けたい方向とは逆方向に1~2歩動き、そこから鋭い切り返しの動きを行ってボールを受けるようにします。
このときに移動の軌跡が「V字」になるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。