チームディフェンスのスペーシング

チームディフェンスのスペーシング

オフェンスが「スペースをつくる、スペースを突く」のであれば、ディフェンスは「スペースを埋める、スペースを潰す」ということがセオリーとなります。

現在のチームディフェンスはボール中心に組み立てられます。
まずボールにプレッシャーをかけます。
ボールマンディフェンダーが不安なくプレッシャーをかけるためには、背後のチームメイトの協力が欠かせません。
特に隣(ワンパスアウェー)に位置するディフェンダーが影のように寄り添い、いつでもヘルプにいけるポジションにいれば、ボールマンディフェンダーはさらに勇気を持ってプレッシャーをかけることができます。
ドリブルで突破されてもチームメイトがヘルプしてくれるからです。
このことを「シャドー」と読んだりします。

ウィング・コーナー・ローポストにボールがある時は、ヘルプサイドのプレーヤーは全員ボールの方に引寄せされるように、ペイントエリアのスペースを埋めます。
「キープ・ザ・ミドル」という表現がよく使われますが、ティルト(片寄る)という人もいます。

相手は、ドライブだけでなくパスを展開して攻めてくるので、これに対処しなければなりません。
ヘルプ&リカバリーまたはクローズアウトなどの場面になりますが、そこではパスされたボールが空中にある間に素早く移動しなければなりません。

ディフェンダーはこのときランナーになります。
当然、足の早さが必要となりますが、それ以上に判断の早さが重要となります。

ゲームを見ていると、判断が遅いために対応できないプレーヤーをよく見かけます。
脚力はあるのに対応できないプレーヤーです。
動き始めとなる合図を見つけたら、躊躇なくスタートし、ボールが空中にある間に素早く移動して、スペースを埋めて潰すようなディフェンスポジションを常に意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。