正しいシュートセレクションとリバウンド

相手より得点を取るための方法

 

バスケットボールのオフェンスの目的は、チームの得点です。

得点の手段であるシュートは、ボールを手にしない限り出来ません。
よって、チャンスがあればボールマン(ボールを持ったプレーヤー)はシュートを狙う必要があります。

一方、オフボールマン(ボールを持っていないプレーヤー)は、ボールマンの得点チャンスを邪魔しないようにスペースを確保しなければなりません。
オフボールのプレーといえども、全てのプレーヤーはチームが得点するためのプレーを行う必要があります。
もし、ボールマンにシュートチャンスがなければ、チャンスを作るためにパスやドリブルでボールを動かします。

得点するための手段であるシュートは、自分のタイミングで打たなければ、なかなか入りません。
身体のバランスが良く、自分のリズムで打つシュートは、チームメイトも納得できるタイミングの良いシュートです。
「良いシュートセレクション」これはバスケットボールで最も大切なことなのです。
しかし、これは言葉で明確に表現することが難しく、完璧な共通理解は得にくく、皆漠然と理解しているものです。

そこで、それに代わる簡単な「良いシュートセレクション」の考え方を示します。
それは「自分のシュートレンジ(距離)で、フリーの状態で打つシュート」です。
シュートの成否は問題ではありません。
結果ではなく、シュートまでに至るプロセスが重要なのです。

「距離」と「フリーの状態」という2つの条件を満たしたシュートが良いシュートです。

この考え方ならば、大人でも子供でも簡単に理解できると思います。

こう考えることで、ボールマンは思い切ってシュートも打て、オフボールマンもシュートのタイミングを予測できます。
セレクションの悪いシュートや、ディフェンスに無理矢理打たされたシュートは入るものではありません。

入らないシュートはターンオーバーと同じなのです。
みすみす相手にボールを渡すだけの全く意味のない自己満足のプレーです。
「パスやドリブルでミスをするより、入るかもしれないからとにかく打て」という指導者の方もいますが、もしあなたが「もっと上手くなりたい」と上のレベルを目指すのであれば、練習時から常に良いシュートセレクションを心がけましょう。

良いシュートセレクションを選択すること、すなわち賢くプレーするということです。
これは子供の頃から身につけるべきものです。大人になったからといって、賢くプレーできるわけではありません。
良い指導者に巡り合うには運も必要ですが、常に自分で勉強するという姿勢で、成長するための努力を怠らないことが重要です。

また、チームメイトが予測できないシュートではリバウンドに飛べません。
1回のオフェンスでたった1回のシュートでは足りません。
外れたシュートのリバウンドに飛び込み、ボールを奪い、さらなる得点のチャンスを増やしていくのが理想です。
そうすることでシュートの本数が増え、また、リングから近い場所でのシュートも増え、チームの得点も増えることにつながります。
味方がベストのタイミングでリバウンドに入るためにも、チームメイトが予想可能な良いシュートセレクションをすることが大切です。

接戦のゲームで最後に決め手となるのは、オフェンスリバウンドです。
オフェンスがうまくいかない時はリバウンドで得点を積み重ねていきます。
しかし、普段から飛び込む習慣がないと、ゲームでは実行できません。

決して身長ではなく、意識の問題です。

スラムダンク

今一度、オフェンスリバントの重要性に目を向けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。